×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきびの治療と予防

にきびのケアや治療について

にきびには色んな状態があります。それぞれの状態に合わせてにきびケアする必要があります。

にきびの種類としては白にきび・赤にきび・黒にきび・黄にきびがあります。

それぞれのにきびで悪化の段階が異なります。

 

まずは初期の段階と言われるのが白にきびです。毛穴に角質や皮脂が溜まった状態をさします。

見た目ではにきびとわからないことが多いですが、この段階でのにきびケアは大切になってきます。

綺麗に洗顔をし、肌を清潔に保つことで悪化を防ぐことができます。

 

白にきびに細菌が繁殖し、炎症を起こしてできたのが赤にきびです。

皮脂の過剰分泌に原因があり、毛穴が詰まって炎症を起こしている状態です。

ここでさらに悪化してしまうとにきび跡ができてしまうので注意しなければなりません。

 

赤にきびの状態からさらに悪化し、毛穴に膿が溜まった状態を黄にきびと言います。

黄にきびはにきびの最終段階といわれています。毛穴に膿が溜まって腫れ上がった状態になります。

ここまでくると例えにきびが治ってもクレーターのようなにきび跡が残ったり、シミのような跡が残ったりします。

また、黄にきびを潰してしまう人も多いようですが跡が残ってしまうので絶対にやめましょう。

 

他にも黒にきびというもがあります。

これは白にきびとは逆で開ききった毛穴に角質などが詰まった状態を言います。

白にきびと同様初期の状態と言えます。毛穴の黒ずみもにきびの原因になるので綺麗にしなければなりません。

 

黄にきびになる前ににきびを治せるよう日々の洗顔を大切にしましょう。